愛媛県被災地支援活動

愛媛県被災地支援活動

平成31年2月10~11日

場所:愛媛県西予市明間仮設住宅

  昨年7月の西日本豪雨災害で、現在も被災者支援が行われている愛媛県西予市の明間仮設住宅へ当会会員の小椋賢二先生、藤吉徳孝の2名が(一社)愛媛県鍼灸師会さんのご協力のもと、愛媛県被災地支援活動を行いました。西予市の仮設住宅は、2年前に廃校になった小学校の運動場を利用して建てられていました。仮設住宅は、4.5畳と3畳およびキッチンがある長屋の住宅で、多くは高齢者夫婦が生活していました。我々のボランティア活動は、仮設住宅の設置とともに設置された集会所で行いました。

 仮設住宅へ入る道中、(一社)愛媛県鍼灸師会さんより簡易ベッド・衛生材料・カルテ等をお借りして現地に入りました。仮設住宅に到着すると、現地の社会福祉協議会担当者が我々の到着を待っていました。社会福祉協議会の担当者とは、被災地・被災者について情報を頂き、少し意見交換をしました。

 
初日の介護予防体操に参加した人の中には、認知機能が低下している高齢者とその家族も参加されました。二日間の我々のケア活動で集会室に訪れた人は、40歳代~80歳代の男女で、多くは、仮設住宅での生活前からの症状が悪化したという者が多くあった。この二日間のケア活動において、ケアに訪れた方々の情報は、それぞれの日のケア終了後に地元の社会福祉協議会職員に伝え、連携を図りました。この連携は、次の具体的なケアに繋げる必要な情報として、ケアに訪れた方の個人カルテを社会福祉協議会職員が情報として写真に撮っていくなどをされました。

 近年、毎年と言えるほど、日本各地で災害が絶えませんが、今後も、災害支援活動を続けていけるように、組織としての活動も行えるようにしていきたいと思います。
 
 

一般社団法人 岐阜県鍼灸師会
岐阜県岐阜市中西郷5-5-11
電話:058-234-2230